カケラを残す

思ったことを気ままにつらつらと。

2017年7月のまとめ

7月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:968
ナイス数:124

新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)新版 徒然草 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)感想
教育実習で『徒然草』を扱うことになったので。本来なら原文のままで読むべきところを時間短縮のため現代語訳で。
読了日:07月02日 著者:兼好法師
星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)感想
原田マハさん初読み。7編の短編集でしたが、どれも心温まるお話ばかりで心洗われました。中でも「夜明けまで」と表題作「星がひとつほしいとの祈り」が特に好きです。すべての作品でのテーマとして「地方」あるいは「田舎」が挙げられると思うのですが、都会とは違うスローな雰囲気も味わえました。すべての物語の主人公が女性なだけに、仕事で忙しい女性に是非とも読んでもらいたい一冊。きっと、たまのご褒美で旅行に行ったりマッサージを受けたりした時と並ぶほどのリフレッシュになると思います。
読了日:07月16日 著者:原田 マハ
ブラザー・サン シスター・ムーンブラザー・サン シスター・ムーン感想
恩田陸さんにしては珍しく薄めの作品。最後の付録に早稲田大学の先輩との対談があり、そこで恩田さん自らが「自伝的小説だ」というふうに仰っていて納得。楡崎綾音が第一部で語っていた、「やっぱり、書いてるんでしょ?」への返答としての「まだです」から、自分がいつかは作家になるつもりなのだと思っていることを自覚した、というエピソードから、なんとなく これは恩田さんご自身のお話か?と思わなくもなかったし、一瞬、エッセイだったっけ?なんて思ったりもしたけれど。箱崎一のエピソード論がなかなか難しくて、でも好きです。
読了日:07月22日 著者:恩田 陸

読書メーター