カケラを残す

思ったことを気ままにつらつらと。

自分の母親のことを何と呼びますか。お母さんですか。 母さんですか。 お母ちゃんですか。 母ちゃんですか。 おっかあですか。 お袋ですか。 それとも名前呼びですか。自分の呼び方が一般的だという勝手な思い込みがあるため、相手もそのように呼んでいると…

魂は全てを凌駕する

「わたしのライオンハート。」 1番尊敬している女性作家。 あさのあつこさんや三浦しをんさん、有川浩さんも読者を引き込むのが上手くて個人的にもとても好きですが、1番訴えかけてくるのはやはり恩田陸さん。 「いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに…

2017年5月のまとめ

5月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2517ナイス数:234探偵ガリレオ (文春文庫)の感想再読。よくよく読み直してみると最初の湯川学は福山雅治感あまりない気がします。草薙刑事との再会がかなり久しぶりだった、というのは意外でした。私の中…

へたくそ

初対面でも場を盛り上げられるしムードメーカーにもなれるのにすきなひととだけうまく話せなくなる。 なんとも思ってないひとにだったらすれ違いざまに目を合わせられるのにすきなひとだと顔すら見られない。 恋愛へたくそ自分の気持ちを隠すのは無駄に上手…

2017年4月のまとめ

2017年4月の読書メーター 読んだ本の数:9冊 読んだページ数:2979ページ ナイス数:231ナイス イン・ザ・プール (文春文庫)の感想 奥田英朗さん3冊目。これが有名な彼の代表作『空中ブランコ』のシリーズ1作目とのことなので手に取りました。こういうポップ…

2017年3月のまとめ

2017年3月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:2147ページナイス数:112ナイスドミノ (角川文庫)の感想恩田陸さん2作目。まだ、たったの2作品しか読んだことないのにこんなこと言うのもおこがましいのですが、さすが…!と思いました。ここまで大…

左利き

レフティってかっこよくないですか。とは言え、左利きの人を好きになるわけではなく、好きな人がレフティだった時にトキメく、という意味ですが。なんだろう、あの、右利きにはない、不器用な感じが堪らない。 必要以上に左手を前に突き出す感じ。伝われ。

2017年2月のまとめ

2017年2月の読書メーター 読んだ本の数:10冊 読んだページ数:2946ページ ナイス数:238ナイスガソリン生活 (朝日文庫)の感想 面白かった!何が面白いって、主人公が車だってこと。さすが伊坂幸太郎さん。そして、ちょっと厚みのある本ではあるけれど、次々…

普通

「普通さ、そんなこと言う?」 「普通こんなふうに〇〇しないよね」 「こういう時は普通〇〇するよね」よく、耳にする。 よく、口にもする。だけど、その、普通 って、なんだろう。 普通 って、難しい。 その人にとっての 普通 が、万人にとっても 普通 であるとは…

2017年1月のまとめ

2017年1月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだページ数:2229ページナイス数:77ナイスねこ先生 (PHP文芸文庫)の感想『吾輩は猫である』を読む前に読んでおくと、より楽しめるかなと思い、これを手に取った。漱石の帝大講師時代の家庭・職場の両面が事実…

キスする前に

歌手のaikoさん(41)のメジャー通算7枚目のアルバム「彼女」に収録されている 「キスする前に」という曲がありますが、 という出だしなのに、aikoさんにはまるで関連がないのですが、 キスする前に、FRISKをお口に放り込むのって、なんなんでしょうか。 エ…

豆まき

鬼はそと、福はうち。 豆まきをしたあとは、年の数だけ豆を食べる。 大豆でも、落花生でも、なんでもいい。 ただ、ふと思ったのが、落花生ってどうやって数えるの?ということ。 だって、落花生って、1つの殻に2つの豆が入ってるじゃないですか。 あの豆を1…

お寿司屋さん

私のアルバイト先での話。 とあるビュッフェスタイルのお店でアルバイトをしているんですが、 その日のホールは、私と強面の社員さんの2人しかいませんでした。 お客さんもさほど多くはなく落ち着いていたので、 強面の社員さんが新しくお席を作る作業を始め…

手帳

手帳って、書いて忘れるためにあると思う。 2017年になったので新しい手帳を買いました。 今まで使っていたマンスリータイプではなく、 書くスペースがたくさんあるウィークリータイプ。 私は2ヵ月先まで予定を立てるタイプなんですけど、 2ヵ月もの予定を立…

2016年のまとめ

2016年の読書メーター読んだ本の数:73冊読んだページ数:23102ページナイス数:1265ナイス新 歴史の真実 (講談社+α文庫)の感想この本を読んで、日本の見方が変わりました。私はこの本を最後まで読んで、日本が本当に誇るべき文化は、和食とか和服とか目に見…